2012年07月02日

2012〜2013年度会長所信 2012~2013年度会長所信



2012~2013年度会長挨拶
          
                会長 瀧澤 一郎


「ロータリーに友達を誘おう!」

 ロータリークラブの楽しみは、さまざまな立場でありながら「奉仕」「友情」「交流」という点について近い価値観を持ち、いわゆる「気の置けない仲間」として様々な体験の場を生み出して行くということにつきると思います。

 そして、それが、災害や経済危機などが頻発する激動の現代社会において、生き延びて行く上での心のオアシスになり、活力を与えてくれるものでもあります。

 そんな中、当クラブは、昨年度、貴重で優秀なメンバーを3名失いました。
会員数の減少は運営が大変になるのもさることながら、最も重要な「ロータリーの楽しみ」を削いでしまうことにもつながります。

 そこで、今年度会長として会員の皆様に提案したいのは「ロータリーに友達を誘おう!」ということです。

 各人には、これまでの人生の中で、少なからずや「友人」と呼べる仲間がいることと存じます。そんな方を一人でも例会や、ロータリーの行事にお声がけする。まずは、そのようなきっかけづくりから「気の置けない仲間」を増やして行きたいものです。

 具体的には、観桜会、花火大会、クリスマス会などの交流会であるも良し、夢コンサート等の社会活動でも良し、交換留学生のホストファミリーのつながりでも良いのです。

 また、会員各自の「友達」に、それぞれの分野での得意なお話を「卓話」として頂戴しこれからのつながりづくりに行かせていくというのもよろしいかと思います。

 卓話に関しては、年間約25回あり、「1卓話の講師依頼を1メンバー担当で」ということになりましたので、この機会に、是非各自の「お友達」をロータリーにお誘い頂ければ幸いです。

 このような仲間が少しづつでも増え「ロータリーって本当に楽しいなぁ」と感じることが出来るような雰囲気づくりを、たゆまなく続けて行きたいと思いますので、皆様方には、ひとかたならぬご理解とご協力を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

  

posted by rotary at 13:37| 会長挨拶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする