2017年07月06日

2017〜2018年度 会長挨拶 2017〜2018年度 会長挨拶 2017〜2018年度 会長挨拶 2017〜2018年度 会長挨拶

2017〜2018年度 
会長挨拶

会長 川崎 智之

「ロータリーを楽しむ!」

超少子高齢化社会に情報過多社会”ロータリークラブとは限らず、どの組織にも共通の課題であります。

多様化した現代において、組織の存続は非常に厳しい事であるが、100年の歴史のロータリークラブをどのように次世代に継承していくかを真剣に考える時であると痛感しております。

今年度のモットーである「ロータリーを楽しむ!」

自分達現会員が、ロータリークラブを心の底から楽しめていれば、次世代の会員拡大も可能になるのではと考えました。

今年度は、通常例会においては「わくわくポイント」制度を導入し、本当に例会が楽しかったかを数値化し、例会を人生の楽しみの一つにしたいと思っております。

また、創立時からの継続しているゆめコンサート、移動例会、他クラブとの交流、親睦旅行を計画し、会員相互の親睦を深めて行く所存です。
posted by rotary at 15:02| 会長挨拶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月24日

2016〜2017年度会長挨拶

2016〜2017年度会長挨拶

会長挨拶

会長 近藤 宏一

「卓話と奉仕の充実」

この度、入会五年目と言う早さで会長に任命され、また入会2年目の超高速で幹事に任命された中村幹事と共にロータリークラブを勉強しながら、東京葛飾中央ロータリークラブを皆様と共に盛り上げていきたいと思います。

本年度は、10月にIMがございます。人数の少ない中一人一人の力が必要となりますので、皆様のご協力をお願いします。

会員増強は勿論のこと、五大奉仕の充実と会員相互の親睦、そして「自分を磨き、自分の職業を磨く」を目標に頑張ります。

みなさま、若輩会長に寛大な心と深い愛情をもって一年間宜しくお願いします。
posted by rotary at 12:38| 会長挨拶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月03日

2015〜2016年度会長挨拶

2015〜2016年度会長挨拶

会長挨拶

会長 石川 宏太

「広げよう奉仕!深めよう親睦!」

この度、東京葛飾中央ロータリークラブ会長に任命いただき、責任の重さと皆様の思いに応えなくてはならないという気持ちで身が引き締まります。

今年度のRI会長K.R.ラビンドラン氏は「世界へのプレゼントになろう」をテーマに掲げられました。そのテーマを受けて私は「広げよう奉仕、深めよう親睦」を今年のクラブ活動の目標としていきたいと思っております。

クラブ内の運営や活動を行うにあたり、何が一番大切かといえば、まずはクラブ内の親睦だと思っております。素晴らしい目標をたて、いかに会員を誘導しようとしても、会員の気持ちがばらばらでは何も達成することができません。クラブが一つになってこそいろいろな活動ができると思っています。どうか例年以上の皆様のご協力をお願いいたします。
posted by rotary at 09:22| 会長挨拶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月01日

2013〜2014年度会長挨拶

2013〜2014年度
会長挨拶

                 会長 鈴木 正名  

「感謝そして定例会を楽しもう」
 まずは感謝。知らなかったロータリアンの人々との出会い。そして友情が出来た事。
定例会を通じ、様々な体験の場を作って頂き、奉仕の理想に邁進して参りました。しかし、残念な事に、当クラブは昨年、優秀なメンバー数名を失いました。私が思うに、十分に楽しんでいなかったのではないかと思います。
本年度は、会員数の減少で大変になるかも知れませんが、週1度の定例会が待ち遠しくなる位、楽しみを作っていきたいと思います。昨年度の会長は、ロータリーに友達を誘おう、をクラブテーマに挙げました。その結果、今年3月に会員増強について話し合い、約15名の入会候補者が上がりました。その中で性別、業種、肩書などから知り合い1名、その他1名に絞り、説得に行く会員2名を決め、6月までに会員増強しようと話し合いました。会員の皆様には、もう一度、ご紹介をお願いいたします。
また、会員の皆様には、ご本人またはご友人知人などに各分野で得意なお話を卓話としていただき、楽しい例会になるよう、ご協力をお願いいたします
posted by rotary at 15:01| 会長挨拶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月02日

2012〜2013年度会長所信 2012~2013年度会長所信



2012~2013年度会長挨拶
          
                会長 瀧澤 一郎


「ロータリーに友達を誘おう!」

 ロータリークラブの楽しみは、さまざまな立場でありながら「奉仕」「友情」「交流」という点について近い価値観を持ち、いわゆる「気の置けない仲間」として様々な体験の場を生み出して行くということにつきると思います。

 そして、それが、災害や経済危機などが頻発する激動の現代社会において、生き延びて行く上での心のオアシスになり、活力を与えてくれるものでもあります。

 そんな中、当クラブは、昨年度、貴重で優秀なメンバーを3名失いました。
会員数の減少は運営が大変になるのもさることながら、最も重要な「ロータリーの楽しみ」を削いでしまうことにもつながります。

 そこで、今年度会長として会員の皆様に提案したいのは「ロータリーに友達を誘おう!」ということです。

 各人には、これまでの人生の中で、少なからずや「友人」と呼べる仲間がいることと存じます。そんな方を一人でも例会や、ロータリーの行事にお声がけする。まずは、そのようなきっかけづくりから「気の置けない仲間」を増やして行きたいものです。

 具体的には、観桜会、花火大会、クリスマス会などの交流会であるも良し、夢コンサート等の社会活動でも良し、交換留学生のホストファミリーのつながりでも良いのです。

 また、会員各自の「友達」に、それぞれの分野での得意なお話を「卓話」として頂戴しこれからのつながりづくりに行かせていくというのもよろしいかと思います。

 卓話に関しては、年間約25回あり、「1卓話の講師依頼を1メンバー担当で」ということになりましたので、この機会に、是非各自の「お友達」をロータリーにお誘い頂ければ幸いです。

 このような仲間が少しづつでも増え「ロータリーって本当に楽しいなぁ」と感じることが出来るような雰囲気づくりを、たゆまなく続けて行きたいと思いますので、皆様方には、ひとかたならぬご理解とご協力を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

  

posted by rotary at 13:37| 会長挨拶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月01日

2011〜2012年度会長挨拶

2011年〜2012年度RIテーマ
「こころの中を見つめよう 
          博愛を広げるために」
             RI会長カルヤン・バネルジー



「みんなの和、ロータリーの絆」

2011〜2012会長 新村 秀男

去る3月11日に起きました東北三陸沖地震に伴う東日本大震災。その散々たる状況・惨状。そしてたくさんの被災者の困りはて呆然とした様子を見る中で、きちっと順番を待ち理性正しく毅然とした行動を取られていることに感嘆し、お互いに助け合い、お互いに助け合い、想い合い、協力しあう状況に全世界の人々が驚きと賞賛のまなざしで拍手を贈られていたことなど、ほんの前までお隣も家族同士も良くわからない行く先知らずの無縁社会と言われていた日本。
捨てたものではない、今家族の絆、地域の係り、非常に大切であると考え、あえてロータリアン同士の結びつき、大事さ、大切さをひしと考えました。そしてロータリーの絆の重要さを思いました。
歴代の会長、そして多くの諸先輩のお顔に泥を塗らないよう、一生懸命頑張ります。鈴木幹事さんや多くの理事・役員さんのお力をいただきながら、しっかりと努めさせていただきます。失礼なところ、足りないところもあるかと思いますが、どうぞよろしくお願いいたします。

posted by rotary at 11:54| 会長挨拶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月30日

2010〜2011会長所信

 
「出会いに喜びと感謝を!」 
     
             会長 高橋 久勝
 
  東京葛飾中央ロータリークラブの創立に参加を呼びかけられて、ロータリークラブとは、その活動とはどんなものだろうと緊張した日々を送ったことをおもいだします。多くの会員の方々と出会うことができました。今は誘っていただいたメンバーの方々に感謝しております。
 会員みなさんと、毎週会うことのできるのがたのしみです。クラブの内外を通じて、例会の卓話を通じて多くの方々に出会いました。卓話の内容はいろいろな分野にわたり、多種多様であり見知らぬ世界に案内していただき、驚きもあり、楽しい一時であり、自分自身を顧みる機会を与えていただきました。
 人との出会い、いろいろな事との出会いに、いつの頃からか漫然とやり過ごしているようです。感動することさえ忘れてしまったようです。そんな自分を反省する今日この頃です。私個人の反省や思いを会員の皆様に押しつけるつもりはありませんが、クラブテーマに一つとしてお考え戴けたら幸いに存じます。
 一期一会と言うと大げさな感じもいたしますが、人やもの事との「出会いに」喜びを感じ感謝して時を過ごして行きたいと思います。 会長を引受けることで、特別な意識はありませんが、意気込みすぎて失速しないようにできる限り平静にクラブ運営を心がけたいと思います。  
posted by rotary at 15:55| 会長挨拶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月02日

2009〜2010年度 会長所信


  会長所信 
 
        2009〜2010年度会長 平野 隆久


会長方針を立てなければなりませんが、私にはたいした哲学は有りません。 のほほんと60年が過ぎてしまいました。ただその中で祖母が「悪いことをして見つからなくても、お天道様はちゃんと見ているのだからね」という言葉が頭に残っております。人間生きていれば多少悪いこともやらなければならないときも有りますし、あの時ああすれば良かったと思う事も有りました。そんな時「お天道様」という言葉が浮かんで参りました。この頃ロータリーの真髄は職業奉仕にあるとよくいわれます。私は単純ですので、要はお天道様の下、思いやりの心を持って正々堂々と生きるということだと思っております。もちろんお天道様は自分の心の中にあるのだと思います。そこで、そういう心を持った皆様と一緒にという意味で、「仲間と共に、元気よく」と致しました。多田ガバナーはロータリアンは水平なのだ、上下関係ではなく仲間(同志)なのだということをおっしゃっておられました。私もそう思いますのであえて「仲間」という言葉を使わせてもらいました。それから何をするにも、まずは健康でなければならないと思います。私の仕事仲間にも健康を害した人がたくさんいます。皆様と共に、健康に留意して元気良く行きたいと思います。
さて最近クラブ・リーダーシップ・プランの導入ということをいわれます。要は現実に即した管理体制にしなさいということだと思います。その中で長期目標の立案というのがあります。しかし我がクラブは初代海老原会長がレールを敷いて下さった、ゆめコンサートというりっぱな事業があります。ですから地域に密着したクラブ活動の推進ということをいわれておりますが、まさにぴったりで、長期の目標として「地域に密着した青少年の健全育成」ということになると思います。私は建築の設計を生業としておりますが、有名な建築家の中には革新的な設計をする人がおります。例えば都心の小さな住宅で、真ん中に小さなコート(光庭)が有り、居間から寝室へ行くのに一旦外へ出なければならないというものが有ります。冬は寒さに震え、雨の時は傘をさして行きます。その時都心で季節を感ずることができる、すばらしいではないかと言うわけです。住む人もそれなりの覚悟が必要です。心優しい私はそういう設計は出来ません。私は革新ではなく改良型の人間です。ゆめコンサートは会員皆様の積極的な提案で、より良いものになりますよう私も努力したいと思います。取り留めのない話になってしまいましたが、古宮幹事そして役員の皆様と共に、肩の力を抜いて自然体で行きたいと思いますので、1年間会員皆様のご協力宜しくお願い申し上げます。  
posted by rotary at 12:29| 会長挨拶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月01日

2008〜2009年度

  

   会長所信

                 2008〜2009年度会長 内山 源蔵

本年度RI会長 李 東建氏(韓国)は “夢をかたちに”
また、、当2580地区櫻井ガバナーは“おかげさまの心で夢をかたちに”
を掲げられました。
そして本年度会長を務めさせていただきます私は“まずは感謝、そして奉仕”
をうたわせていただきました。
私たち、東京葛飾中央ロータリークラブは発足して12年目に入り、昨年は浅草ビューホテルにおいて盛大に10周年記念式典が行われました。私は常に創立元年に思いをはせ、今日まで残された先輩諸氏の業績に目を向け、今後会員皆様のご協力をいただきながら、さらなる奉仕活動に精進する覚悟です。

posted by rotary at 17:40| 会長挨拶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月06日

会長所信

         2007〜2008年度会長   桑原 忠夫

 本年度RI W.J.ウィルキンソン会長はROTARY SHARES(ロータリーは分かちあいの心)をテーマに掲げられました。(会員自ら親睦と奉仕を通じ、ロータリー活動に積極的に参加し思いやりのある優しい心を分かちあって協力しながらロータリーの道を優先して歩んでみましょうという事と思われます。)第2580地区浅川ガバナーはテーマとして、まず「楽しく魅力あるクラブ」ありき、そして「良き友と共に奉仕を!」を掲げられました。(楽しい魅力あるクラブを会員全員が団結し築きながらその友情あふれる会員と共に奉仕活動に全力を尽くしましょう。親睦と奉仕を大切にされていらっしゃいます。) それらの意義にそって、今年度第11代会長を務めさせていただく私は「明るく、仲良く、元気良く」をテーマとさせていただきます。当クラブは昨年10周年を迎え、創立以来継続的に実践して参りました「四大奉仕に於ける各プロジェクトは着実に実績を積み上げて参りました。今年度は新しい1年としての飛躍を図りたいと思います。社会奉仕部門では当クラブ自慢の「ゆめコンサート」が今年10年目を迎えます。この記念すべきコンサートは1117日に開催されます。初めてこのコンサートが開催された当時は、学校への出演協力依頼で苦労した思い出があります。10回目の節目の今年は既に13校の応募があり、着実に地元に根付いている証でもあります。今年は良い思い出に残るようなコンサートにしたいと思っていますので会員の皆様のご協力を仰ぎます。更に充実したクラブ運営を行うのに   
1.       
出席率の向上
2.会員増強
3.親クラブの地区
大会への協力
4.
R財団米山奨学会への寄付の推進
5.広報活動の充実
6.諸行事を通じての親
睦を図り、明るい仲の良い、元気な楽しいクラブにしたいと思います。 ご協力お願い申し上げます。
posted by rotary at 15:52| 会長挨拶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする